• 柴田千裕

「極上しびれじゃこ」を使って作るおつまみ

ちりめん山椒「京佃煮 千ひろ」です。

「極上しびれじゃこ」で作る山椒ビリビリの刺激たっぷりおつまみをご紹介いたします。


作り方は簡単です。餃子の皮で「極上しびれじゃこ」を挟んでトースターで焼くだけです。


餃子の皮を一枚ひき、上に「極上しびれじゃこ」を一つまみのせ、その上にもう一枚餃子の皮をのせてサンドします。この際、皮のぐるりを水と濡らすとピッタリとつきます。それをトースターで5分ほど焼きます。

おじゃこと一緒にチーズを挟んでも美味しいですよ!


「極上しびれじゃこ」は和歌山産の山椒と粉山椒が効いた山椒感強めの商品です。ビリビリとしびれるような辛味がクセになります。餃子の皮がこんがりと焼けてクラッカーのような食感になります。

「極上しびれじゃこ」の塩気と山椒の辛味が加わり、”やみつきおつまみ”に!

是非、お試しくださいませ。


107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示